魅力&モテ度UP!「いい女」になるための習い事4選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

魅力&モテ度UP!「いい女」になるための習い事4選
習い事をするなら、男性から好印象を持たれるものを始めてみませんか?
男性の実際の意見を元に、女性におすすめの習い事をご紹介します。
女子力とモテ度の両方をアップさせたい方、必見です!

1.料理教室

料理が上手な女性は男性にとって憧れであり、「一生を共にしたい!」と思える相手になります。
料理教室に通っているだけでも将来への努力が垣間見えて、男性からの評価がアップしますよ。

とくに重要なのはバリエーションと栄養バランス。

ちなみに『「美人は三日で飽きる」と「ブスは三日で慣れる」』という言葉の真相を解説して大きな反響を呼んだ 、早稲田大学の森川友義教授は男性の料理の趣向についてこのように言っています。

『料理の腕というのは「飽きない資質」なのです。ひとつひとつの料理は飽きることがあっても、毎回違うものをおいしく食べさせることができたら、満足度が下 がるということはありません。私たちの体は栄養を補給しないと生きていけないし、栄養バランスが悪いと短命になってしまいますので、食事というのは最も重要な行為です。 』

2.書道・ボールペン字

ふとした時に綺麗な字が書ける女性って素敵ですよね。
男性も意外と女性の字に関心があるようで、「丸文字だと魅力を感じない」という意見が聞かれました。
若い年代ならまだしも、成熟した女性が崩れた字を書いているとガッカリしてしまうようです。

書道はハードルが高いと感じるなら、手軽に習えるボールペン字がおすすめです。
美しい字をマスターできたら、意中の人にメッセージカードを渡してみてはいかがでしょうか。

3.マナー教室

デートや食事会などで人前に出た際、気になってしまうのが相手のマナー。
お箸の使い方が美しくなかったり、敬語が正しく使えていないと男性からの評価を下げてしまいます。
マナー教室で美しい所作を一から学び、どこに連れて行っても恥ずかしくない女性を目指しましょう。

また、手紙の書き方や、冠婚葬祭に関するマナーも知っておきたいもの。
披露する機会は少ないかもしれませんが、前もって勉強しておくと、いざという時に役立ちます。
内面から魅力があふれ出る、自立した女性になれますよ。

4.華道や茶道

魅力&モテ度UP!「いい女」になるための習い事4選

華道や茶道など、伝統文化を習っている女性に憧れる男性が増えてきています。
これらは日常で使う機会がないため、あまりモテ度とは関係がないように思えるかもしれません。
しかし実際に習っている女性のしぐさは、どこか美しく、男性から見ても違いを感じるのだとか。
最近では日本文化に興味がある外国の方も多いので、国際交流を深めることができそうですね。

また、着物の女性にはつい目を奪われてしまうもの。
正しく、かつ美しく和服を着ることができれば、男性の視線を釘づけにできるはずですよ。
所作も自然と”しとやか”になるので、女性らしさや艶っぽさをアップさせたい方におすすめです。