シミができる原因に!? 目から入る紫外線の悪影響とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シミができる原因に!? 目から入る紫外線の悪影響とは
シミやシワの原因となる紫外線ダメージ。
これを避けるために、私たちは日焼け止めや日傘などを使って対策をしていますよね。
しかし無防備になっている目からも、紫外線が侵入してくるって知っていましたか?

そのまま浴び続ければ、シミを増やしたり目の病気になってしまう恐れがあります。
目から入った紫外線がどのような経路をたどり、体のどの部位に悪影響を及ぼすのか詳しくご紹介します。

日焼け止めを塗っているのに肌が黒くなる!?

が紫外線を浴びると、肌が日焼けするという実験結果が報告されています。
紫外線が目から侵入することで、脳が「メラニン色素を作れ」と命令を出し、皮膚が黒くなるというのです。肌が直接紫外線を浴びていなくても、日焼けをしてしまうなんて怖いですよね。

本来メラニン色素は紫外線を吸収し、細胞を守る働きがあります。
しかし美白を目指す女性にとって、肌が黒くなるのは避けたいもの。
シミやそばかすが気になる人も、お肌と共に目のUV対策が必要と言えるでしょう。

紫外線は目の病気の一因に

シミができる原因に!? 目から入る紫外線の悪影響とは
長時間強い紫外線を目に浴びると、角膜結膜炎症を起こします。
さらにそのまま長期にわたって紫外線を浴び続けると、目の水晶体が傷つき、白内障になる恐れも。

目のレンズの役割を担っている水晶体は、肌のように新陳代謝をしません。
そのため、紫外線でできた傷が修復されずにダメージが蓄積され続けてしまうのです。

白内障は水晶体が白く濁り、視力が低下する目の病気です。
クリアな視界を保つためにも、目を紫外線から守る対策を始めましょう。

紫外線から目を守るには

シミができる原因に!? 目から入る紫外線の悪影響とは

目を守るには、紫外線を目に入れないことが基本です。
そのために、まずはサングラスの着用を心がけましょう。
しかし雑貨店などで売られているファッション用のサングラスでは、十分な効果が得られない場合も。
そこで、UV対策に効果的なサングラスの選び方をご紹介します。

■目を守るサングラスの選び方
1.UVカット率の高いレンズを選ぶ
2.色が薄いレンズを選ぶ
3.レンズが顔に密着した形を選ぶ

サングラスを選ぶ時のポイントは、レンズの色や形です。
一見レンズの色が濃いほうが紫外線をブロックしてくれそうですが、視界が暗くなるために瞳孔が開いてしまいます。するとそこから紫外線が入りやすくなり、上述したダメージに繋がる恐れがあるのです。
そして紫外線は正面からだけではなく、横からも侵入します。
それを遮るために、レンズと顔の隙間ができるだけ少ない形のものを選びましょう。

その他にも、日傘帽子が目のUV対策に有効です。最近では紫外線カット効果のあるコンタクトレンズも販売されています。
これらの日除けグッズを上手く利用して、目やお肌の健康を守っていきましょう!