男性をキュンとさせるのに効果的な【魔法のセリフ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

119

誰しも気になる男性に興味をもってもらいたいものですよね。
どうやったら彼が気に入ってくれるか悩むことは恋愛ではつきものです。

どのようなセリフに思わず男性はキュンとするのかご紹介します。

「いかがですか?」

例えば、合コンで気になる男性が近くにいる場合には「飲み物はいいですか」と聞いてみたり、会社で気になる先輩がいる場合には「甘いものいかがですか」なんて言ってみるのも効果的です。

「いかが」という言葉には相手を思いやる気持ちが表れていて気遣いができる女性という印象が強い
ようです。

また、女性らしい上品な言葉遣いという点でも男性の評価は高いようです。

「ぜひ」「もちろん」

120
付き合いの良い女性は男女共に好かれる傾向にあります。

例えば、ご飯や飲みの誘いを受けたときに「ぜひ宜しくお願いします」というと男性はとても良い気分になります。
誰しも気になる女性を食事に誘うのはとても勇気がいります。

思い切って誘ったときに「もちろん」といってくれる女性は男性にとってとてもありがたい存在です。

そしてまた誘いたいと思ってくれることでしょう。笑顔の「もちろん」を極めたいものですね。

「おもしろいね!」

男性は場を盛り上げるために冗談を言ったり、ノリで話すことがあります。
そんな時に「超おもしろい」なんていわれるとキュンとくるようです。

男性は特にほめられると嬉しいようで、その他「すごいね」や「かっこいい」という言葉も効果的です。

また、笑顔の多い女性は男性からモテます。
日ごろから笑顔を身につけておきましょう。

「とっても」「すごく」

121
例えば、ご飯に行ったときに「おいしかったね」というより「とってもおいしかったね」と言うことで言葉が強調され、男性の心に響きます。

同様に「すごく楽しかった」というのも男性に満足感を与える言葉でしょう。
これは男性をたててくれる言葉でもあるので、男性にとってはキュンとくることまちがいなしです。

方言女子

話題の方言女子ですが、これも男性ウケは良いようです。
特に方言のない首都圏の男性には効果的ではないでしょうか。

方言には素朴さが出るため、かわいらしく見えるようです。
また、見た目が華やかな女性が方言を使っているのをみると、そのギャップにぐっとくる男性も多い
ようです。

そのため、方言は隠さず、ふとしたときに出してみるのも良いかもしれませんね。
例えば、男性の好きな方言で上位にある京都弁。「何してはるの」や「そうなんや」といったほっこり上品な方言が男性の心をキュンとさせるようです。