長谷川美佐江さんから寄せられた体験談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

85
いつもお世話になっています。
すっかり寒くなってしまいましたが、皆様お変わりありませんでしょうか?
私は今、ご紹介いただいた方との関係を順調に育んでいる所です。

登録から3回目の紹介で、彼と出会いました。
1人目と2人目の男性には気に入っていただけなかったようで自信を喪失しかけていましたが、あきらめずに自分磨きをしてよかったです。

彼からのメールは、最初の頃は週に2回くらいでしたが、今では2日と空けません。
忙しい中でも殆ど連日連絡をくれて、時には眠る直前までベッドで話す事も。
電話の向こうの彼と直接あえたらどんなにいいかと思うのですが、彼の状況を思うとそんな我儘を言う気も薄れていきます。
ただただ、彼に楽しんでほしい、私と過ごす時間でリラックスしてほしいと思うばかりです。

毎日、文字通り飛び回っている彼ですけど、年が明けたらまとまった休暇を取る事になっています。
半月ものまとまったお休みは、彼が会社を作ってから初めてなのだとか。
ちょっと心配でもありますけど、とにかくうれしいです。
その貴重な休みを使って、私をバカンスに連れて行ってくれると言うので。

冬のリゾートにどんな服を着て行こうか、ショップで迷っていて、ふと思いました。
銀座ワンアンドオンリーに登録していなければ、私に彼の様な高いステージにいる人との縁なんかなかったはずなのにと。

彼と出会えたのも、私が今、こんなに満たされた日々を送れているのも、全てワンアンドオンリーのおかげなのですね。担当者様は、私自身の努力が一番重要だと言ってくれましたけど、改めて考えてみれば、普通に生活していたら私の環境では彼と出会う機会すらなかったに違いありません。

登録してからいままで、ちゃんと言ったことがなかった気がするので、今言います。
ワンアンドオンリーの皆様、ありがとうございます。

いい紹介を出すためにはいろんな調整が必要だと思いますし、人の都合を調整するのって大変だと
思うのです。

その役割をワンアンドオンリーの皆様が忙しくこなして下さるからこそ、私のように幸運に恵まれる登録者が出るのでしょう。

私はいまとても幸せです。
東京に出てきてよかった。ワンアンドオンリーに登録してよかった。登録の時には私を止めた友人も、今では私を羨ましがっていますよ。

バカンスが終わったら、またご報告します。
まだまだお世話になると思いますけど、どうぞよろしくお願いします。
厳寒の時候を挟むことになりますが、どうぞ皆様ご自愛なさってお過ごしくださいませ。