好きな人に【視線だけ】で好意をアピールするポイント!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

73
視線は気持ちを正直に表します。
そのため、意中の人に効果的な視線を向けることで、恋のきっかけにすることも出来ます。
意中の人の心を動かしてしまう視線の使い方をご紹介しましょう!

「3秒見つめ合うと恋に落ちる」という説がある!

74
相手にアピールするなら、最初は瞬間的に目を合わせることから始めましょう。
女性の場合は好きになるほど相手の男性を見られなくなってしまう傾向がありますが、これは逆効果です。
男性からしたら、「自分に興味がないのかな?」と考えるキッカケを与えてしまっています。

男性も女性も、瞬間的によく目が合う人に「なんだか気が合うな」という印象を抱きやすいと言います。
これを利用しない手はありません。

最初は目が合った後、すぐに視線を逸らしてみましょう。
すると「俺のこと見ていたような…?でも今は見てないし勘違いかもしれない」というもやもやとした
気持ちを、相手に芽生えさせることができます。

人は一度疑問に感じると、答えが出るまで悩んでしまう性質を持っています。
そうなると、無意識のうちにその人のことが気になり、気がつけば考えるようになってしまいます。

このことから視線を先に外した方が、恋愛の主導権を握ることが出来るといえます。
視線をそらす以外には、「恥じらいの表情で下を向く」や「嬉しそうな表情をする」といったリアクションも効果的です。
そして目を合わせる回数が増えるごとに、視線を送る時間を長くしていくようにしましょう。

そうすると、好意がどんどん大きくなることで親近感を持ち始めるようになります。
徐々に機会が増えていくことでその気持ちは加速し、そして最終的に会話を通して相手との距離が
縮まります。
好きな人と会話するときは2秒以上見つめ、相手に好意を伝えましょう。

視線を送る時に気をつけたいこと

75
視線は相手に好意を伝える手段でありながら、不快感を与える手段でもあります。
人が最も苦手とするシーンには「他人からじっと見つめられる」という状況があります。

そのため最初から長い時間、相手に視線を送ってしまうと威圧感や緊張感を与えてしまい、相手が居心地の悪さを覚えるようになってしまうので気をつけましょう。

また視線を送るだけではなく目が合った時には、微笑むことも忘れずに。
男性は好意的な笑顔を1回向けられただけで、相手が自分に好感を持っていると考える傾向があります。
ただし、余計なトラブルを招かないためにも恋愛対象外の男性に愛嬌をふりまき過ぎないように
しましょう。

話しかける勇気がなくても、視線だけなら向けられそうですよね。
効果的に視線をつかって、意中の人の気持ちをこちらに向かせてしまいましょう!