魅力的な女性には【テーブルマナー】が欠かせない!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

61

男性からディナーのお誘いを受けたとなると、ファッションに意識が集中してしまいがちですが、テーブルマナーに関する知識は十分ですか?

いつもと違う雰囲気に慌ててしまわないためにも、身に着けておきたいテーブルマナー
テーブルマナーが分からず不安いっぱいでは、せっかくの男性とのディナーが楽しめません。

男性と楽しい時間を楽しむためにも、基本的なテーブルマナーを確認していきましょう。

第一印象を損なわないためにも心がけたいマナーとは?

62
男性と品のよいオシャレなレストランにやってきました。
そして、支配人にテーブルまで案内され、支配人が椅子を引いて下さいました。ここで問題です。

Q、椅子に座る時は、右と左どちら側から座りますか?

A、椅子の左側から入ります。席を立つときも左側から出ます。
ちなみに、ハンドバッグはテーブルの上に乗せてはいけません。
ハンドバッグは出来るだけ椅子の背もたれと背中の間に置きましょう。
座った時のテーブルとの距離は、こぶし二つ分を目安にしましょう。
椅子に腰かける際は浅くなりすぎず、深くなりすぎず、キチンと背筋を伸ばすように心がけましょう。

食事のオーダーも済んだところ、テーブルの上のナプキンに目がとまりました。
男性は、ナプキンを手に取り膝に乗せはじめました。

Q、ナプキンを膝に乗せる際は、どのように乗せるのがマナーでしょうか?

A、一般的な方法として、少しずらして二つに折る、そして折った側を手前にして膝に乗せます。
また、ナプキンの端をお尻の下に敷くことで、ナプキンが落ちてしまうことを防止することが出来ます。
ナプキンが落ちた場合は、自分で拾わないようにしましょう。
ナプキンは、手を拭く、口をおさえるために使います。ゴシゴシとナプキンで拭くのではなく、こまめに使って口の汚れを取るようにしましょう。

Q、口を拭くときは、ナプキンのどこを使うでしょうか?

A、膝に乗せているナプキンの上側、しかも膝にのせた時に見えない内側の部分を使います。
また、ワインを頂く前にはナプキンで口元を押さえるようにしましょう。
料理の油分などがついているとワインの風味や香りを損ねてしまいます。

63

上記のマナーに関する質問に、見事答えられましたか?
このようなテーブルマナーは、ほんの一部です。
マナーの全てを完璧にこなせれば言う事はありませんが、そう簡単にはいきません。
そこでまずは、基本的なマナーを身に着けるようにしましょう。

また男性との楽しい食事中に気を付けていただきたいのが、頬杖をつかない、肘をつかない、髪をかき上げるなど頻繁に髪を触らない、腕を組まない、足を組まない、などです。
楽しい時間が続くとつい出てしまいがちなクセには十分に注意を払いましょう!

男性からディナーに誘われた際は、ファッションだけでなくシチュエーションに合わせた基本的なマナーを確認していくことで、男性への印象も良くなります。
大人の女性として欠かせないテーブルマナー、楽しい時間を過ごすためにも、ぜひ大切にして下さいね。